日程・・・8月7日 
場所・・・琵琶湖
天気・・・晴れ
水温・・・29.8℃〜30.3℃
風向・・・西
釣果・・・3,600g

順位・・・優勝

世の中金で済むこたぁ多い!


本来4戦目は池原ダムであったが減水の為会場が琵琶湖に変更となり、慌てて前プラに入ることになった。ここ最近、『もうええ加減にしてくれ』と言うくらいに琵琶湖にはコテンパにやられ続けている私にとって今回の琵琶湖は非常に気の重たいものであった。まず前プラでは主に堅田沖からアクティバ沖のボディウォターに絡む東西のアウトサイドエッジをチェックしたが30cmが3本獲れたのみで、おまけに2度の夕立で(1回目逃げ切りセーフ、2回目アウト!)神のお怒りか?と思うくらいの涙のリクエスト、いや違う、涙のプラクティスとなった。そして当日、北方面は頭から切り捨て、まずは南寄りの下物2m〜3mラインの濁りの境目にあるエビモパッチと水中にあるウィードポケットにテキサスを落とし込んでいき700gを獲った。しかし懸命な看病にもかかわらず一瞬でデットとなりさようなら…。まだ時間は沢山あると言い聞かせて後半戦開始。続いて少し貝捨て場を覗いてみるが、水が悪くギルのアタリも少ないので、以前ギル地獄にあったプリンス沖に移動。しばらく魚探をみながらじっくり流すと、そこは岸側からのウィードアウトサイドとDH側から伸びたウィードのインサイドとの広い中間地点になっており、ここをテキサスパワーホグ5インチで小さなウィードをすりぬけながら流していくと、向うに見える室田氏から『ピピピピッ!』とラブコール。その時それと同時にガツンとアタリが来て、格闘の末上がってきたのは2kgオーバー☆後にあらためて室田氏と電話で『只今ギル大会出場中(T.T)そこ回遊来ますよ〜』と言うヒントをもらい、その後同じラインを流す。しばらくノーバイトが続き、テキサスからライトジグに変更し、西風が止むと急にバイトがありインチワッキースワンプクローラーで700と800を追加することが出来、無事リミット達成。久々に充実した気持ちで帰着し、おまけに本日は他があまり釣れておらず数年ぶりの優勝となった。鬼の居ぬ間に、とはこのことか…。ラッキーでしたわ。追伸、後でわかるが本日は全て風が止んだ時にバイトがありましたわ。


今下爆では一番恐ろしい男梯氏

キッチリペア賞いただきの赤コブ氏

同じくペア賞はいつも激しい河田氏

コラおっさん!嫁の出産予定日やろ!

やはり麦わら帽子は幸運を呼んだでござるS☆B

U-Clubもっと気張らんかい!!