昨年に引き続き本年も、私的に「雰囲気」が大好きな萬田カップに参戦した。
元々この試合は、バス風呂氏の仕事仲間の、「琵琶湖を一日楽しみたい」という人達が集まり、それが私には凄く新鮮に感じ、そしてエネルギーをもらえるものであり、何かとバタバタ続きであるがあえて身体にムチをうって、このエネルギーをもらうために参戦させてもらった。




朝一から赤コブはレディを乗せることになり、「これはここにあるからね」、「あっ、これは邪魔だからここに入れておくね」、「それから、釣れたら僕の大きな心がネットになるね」等々、普段我々には使わない愛嬌をフルに使いこなし、VIP並みのゲストサービスである。さすが元フェアレディZを操っていたいただけのことはあるものだ。



天気は予報では曇といわれており、巻き物系を沢山用意していたのになぜか朝から晴れ。私は先週の反省点を生かしてウィードの変化を一つ一つ見て行き、ヘビダンとテキサスをポケットに落とし込んでいく。すると必ずウィードの種類が重なったとき、アタリは高確率でくる。これをキーに赤野井、下物、プリンス沖、矢橋島沖を撃って行く。が、しかし30cmほどのバスがポツリポツリと釣れるだけ。


 

そしてしばらくアタリが止んでいたが、午後から少し風が出だして北山田沖と自衛隊沖でまたもや30cm級が数本釣れて緻密な入れ替えをして終了。




ここでいいとこ見せなければ男が廃る、赤野井と下物で仕留めた3本約2,600gを高々と上げる赤コブであった。



私は3本約1,500gで陰に隠れてコソっと記念撮影をしてもらった。



そして「この男のための試合」、「この男のための賞金」、「この男のために皆が集まった」といえるバス風呂氏が本日優勝。トータルウェイト、ビッグフィッシュ賞、最小サイズ賞、全てを総取り。3本約5キロ強を獲ったバス風呂氏は南側のボディウォーターを狙った釣りであった。



下爆でもなんでも、このワイワイの一時が楽しいのである。




さて、本日自衛隊沖で起こった一瞬の悲劇。あの引きはバスだったのであろうか?一瞬にしての強烈なアタリと一気に「ギャーッ!」っと音を立てドラグを滑り出して潜り込んだ力強いヤツは一体何者か?今までに経験した事のない一瞬の力強さの引きで、あまりに短すぎた一瞬の出来事で、後にため息ばかりが出て立ち直るのにも時間がかかった。