5月5日に釣りが出来ることは幸せなのか、おやじは家に居なくていい状態で見捨てられているのか、どちらかわからない心境であるが、とりあえず琵琶湖に浮いた。本日はリブレにて久しぶりにアウトドアワールドに参戦させて頂いた。ルールはペアの1艇3本のウェイトにて争うシンプルなものである。
まずは先週のエリアにハマってドツボを踏みそうなので極力頭の中をリセットし、ウィードのアウトサイドにいるアフターを探してみた。しかし絵に描いたようにそんなにうまく探せるわけおまへん。おまけにゴールデンウィークラスト2日、よほど自分だけのスポットを持っていないかぎり、通常のエリアは叩かれまくり。そんな状況でえっちらおっちら探っていき、30cm前後がポロン、ポロン、と出る程度でキーとなる魚が獲れない。
ぐるりと南湖全体を巡り、朝一にグイグイ引っ張られながらも途中のバラシがあったアクティバ3.5mで最終2時間弱粘ることに。そしてやっとパートナーに2kg前後が獲れ、続いて私に40前後が獲れ、時間ギリギリまで粘るが3本3300g程となり終了。なんとも辛いが激シブの中二人やるだきゃやった。
そしてウェイン、相変わらず五号氏やります。第一にパートナーに釣らせることを考える男。見事60アップの強烈な引きをバックアップしながら無事獲らせる。普通男でも足が震えるサイズ。
そしてこの検量はため息が出た。3本のうち中型サイズでも2kgはある。1本6,180g、3本8,630g。マメがよりマメに見えた。おそらくマメがコイツの通常の餌のサイズであろう。
木浜1号沖で捕らえたコイツはまさにハンティングである。一体どんなアタリであったのか、どんな引きであったのか、水面に上がってきた時の状況はどんなものであったのであろう。これは体感したものでしかわからない。デカ過ぎて不気味なくらいであった。
今日はいいものを見せて頂きました。