5月2日GW真っ最中、今回は「Power Pole」を伝授して頂いた。
しかしこの兵器、以前から聞いてはいたがかなりイケている。
なにがどうイケているかというとコイツを「ザクッ」といくと当たり前であるがその場からボートは動かない。という事は一つ一つが丁寧になるのだ。つまり陸っぱりと同じ。例えば下物の無数にある浚渫。この無数にある浚渫のうち少し気になるものがあったとする。その一つにコイツを「ザクッ」といけばブレイク途中の岩やかけ上がりのウィードなんかをゆっくりきっちり、しかも色んなルアーで探れることが出来る。またそれらのドピンをボーターとノンボーターが二人そろってバックシートでキャストできるのである。
そしてもう一つ、何をするにも「ながら」ではなくなる。つまり流され「ながら」エレキ踏み「ながら」周りのボートを気にし「ながら」も当然皆無となる。
そしてゲームスタート。実績の高い下物沖を流す。午前中南風が強く二人巻物に。まずは五号氏はきっちりクランクで1本。わたくしはJクラで50アップをボート際でジャンプバラシ。
その後マメに悩まされながらHDの極意を伝授して頂いた。
無事なんとかわたくし50アップと後半さすが五号氏55オーバーをズドーンといっときました。
【5月1日下爆第2戦インフォメーション更新しています】