今回の釣行は魚の動きを一歩から二歩先を読むトレーニングに参加させてもらった。そう季節を先取りである。昨日の湖上は凄まじい豪雨が丸一日続いたらしくありとあらゆる所から土砂が流れ込み、急激な濁りと水温低下で激シブ状態でギルや小バスのイタズラもいっさい無い激変ぶり。たとえ手堅い釣りをしても厳しそうな中であえて数週間先の夏を意識したエリアをチェックしていく。
ダブルコンソールでも超デカイ船であるがそれがシングルになった。まさに空母である。
メインチャンネルを意識した釣りと、それとは全く逆のシャローのマットを意識した釣りでチェック。
まだ少し早いエリアであるが先を見越し数少ないバイトとエリアの状況を感じとる。あえて厳しい状況だからこそ大小問わずLOVE FISHなのである。「こういう時(チェック日)があってこそ夏から秋のエリアが見えてくる」と琵琶湖マスターはいう。