エギング隊本格始動予定の9月を待てず、急きょ予備軍小隊発足、今回も福井の筏に出撃となった。今回は小隊であるが、前回同様狙うは季節外れと言われようがイカなのである。なおかつ、剣先と呼ばれる美しい種をエギで狙うのは最高である。
その中で今回の小隊にはリール初体験の中村氏が参加である。中村氏は会社の先輩でもありまたMr.TK氏の所属するイケイケ部署の先輩にもあたり、いわゆる営業部の特攻隊所属である。
そんなこんなで、剣先対象なんで底をゆっくりシャクリながら流す。すると待望の朝一フイッシュ!!今日はイケル?と思い数時キャスト…しかしNB。
また、前回のような青モノのボイルも起こらずMr.TK氏のメタルには時折豆アジがかかる程度。
NB沈黙の中、昼近くになり豆アジも釣れなくなって、きそろそろ爆睡モード突入。
そんな時、夢先案内人の船長が一文字誰もいないので行きますか?あそこならアジ入れ喰いですという事で、即移動。しばしエギング封印で最終兵器のサビキ投入。
たまにJHで根魚も掛かり、当然サビキなら入れ喰いである。
皆で酒のつまみで分配
昨夜一睡もしていなかったリール初体験中村氏、十分アジゲットでご満悦で落ちた…
そして筏の時から独り黙々とサビキをしていた高木bros.氏。何かコツを掴んだか、サビキの向こう側を得たようだ。立派なアコウゲットで今回サビキの神様登場となった。