海釣りは特殊な釣りや、決してこだわらない限り何なりと魚が相手してくれるもの。また、アタリが遠退いたらサビキで一発、眠気も回避出来る。そんな釣りに身体が慣れてくる前にここらで琵琶湖の激シブ状態と大胆&繊細な釣り感覚をそろそろ蘇らさないとエライことになりそうなので出撃した。
初日、日の出時間を間違い、30分程明るくなるのを待つ…
5時半出撃で先ずはこの時期お気に入りの下物沖ど真ん中カナダ藻ウィードを二人ジョイクロ流しで高木bros.がフィッシュで
コレは幸先いいと期待する。しかし、感覚が蘇らないのか単に釣れないだけなのか、あとが続かないのでぶらぶら二人旅。
日が昇っても風は気持ち涼しく感じ、早くも秋の気配を感じる。
木浜沖アウトサイドに山ノ下沖、六本柱に北山田を流し、途中寄り道したブロック落とし物でキロ半を拾うがピンとこない。その後北山田インサイド側カナダ藻直リグ落とすがアタリ無く、HDSで地面裸のうっすら見える通称『ずんべらぼん』の砂地でサンパチ止まりが連続で釣れる。釣れるのは釣り人にとって楽しいが、いかんせんサイズが伸び悩み納得行かずで移動。夕方堅田沖を流して小バスにタッチで終了。
そして二日飛んで再度夏の琵琶湖にAttack。
残すところ夏期休暇残りわずか一日となり、しっかり楽しむぞと、一人旅。水が止まっているのか二日前より若干濁りが出たような気がする。北山田インサイドの『ずんべらぼん』もサイトでは少し見えにくく感じ、また日の照り方と気温が灼熱と変わるのも感じる。本日北山田ずんべらぼんこの状況下ではウィード底にいらっしゃるようで直リグにアタリがある。しかしウィード中か外かの違いだけで、サイズは以前この前と同じサンパチ止まり…。
六本柱もアタリはあるがNFで、午前中は先日高木bros.ジョイクロフィッシュの下物カナダ藻で唯一まともなサイズで終了。コンディションのいいギルを丸のみ中のバスで、「こういうヤツ」はタイミングと場所が合えばいつか巡り会えるはず…。
釣れない時間帯は一旦昼休みで体力回復させる。これが独り釣行では終日やりきる大切な時間なのかも。
14時再スタートで堅田沖と山ノ下沖をCRKとHDSで流すがNFで小さなアタリのみ。おまけに赤野井沖ウィードアウトサイドはNB。
徐々に日も傾きかけた17時、木浜南北5メーター浚渫ラインをライトTXで北の微風にまかせて流すとフィッシュ。かなり手強くドラグ締め直してもジリジリと鳴き、ようやく無事ネットイン。想像より小さく45弱で?となる。
しかし腹がパンパンでデブッチョバス。通りでよく引くハズ。腹は真っ黄色で回遊かも?とすかさずライン直してキャスト
即、ラインが横に走ってバイトを確信で同じくドラグ鳴き状態でネットイン。
サイズアップで2キロ弱程。完全回遊でライン結び直しはスルー。
3キャスト目、ガッツリライン走りネットイン。
完全2キロ半から3キロで背中は深みあるモスグリーンで独り心でガッツポーズ。
さすがに4キャスト目無く無事終了。回遊なのでパターンではないが3キャスト3フィッシュ5kgオーバーで高効率に納得終了。
楽しい休暇の時間過ぎ去るスピードは子供の頃と変わらずあっという間であった。