シルバーウィークで日頃のストレス発散させるぞと意気込んで、琵琶湖一日、日本海タムさん船長一日、日本海磯エギング一日と三日間釣り三昧。
さて一日目、下爆第4戦敗北で復習。今年はさておき、二連覇梯氏のパターンの漂流コカナダ藻パッチ攻略しなければ来年は無い、という事で昼まで練習。
まずは南湖in前に真野沖を秋の小バス群らがるパターンチェックでNB NF。
徐々に南下で堅田、山ノ下ボディウォーターをTXとRキャロでマメ連発。
そしてメインの下物コカナダ藻。キーはエビ藻に漂流したコカナダ藻の塊。隙間を探してシンカーを落す云々と聞いているが、普段あまりしない釣り方だけに不慣れで、その隙間ってヤツが見当たらない。シンカーウェイト重くするもコカナダ藻ぶ厚過ぎて全く突き破らなく、きっとポイントが悪いのだろう。あきらめず遥か上空キャストで上がり切ると真下にフルテンションでミサイルロケットの如くでようやく貫通、即バイト。
引っ込抜くぞとドラグガチガチでフルフッキング。しかし水面コカナダ藻ぶ厚過ぎて藻化けどころか藻まみれゴミまみれ。これではカジキトローリングロッドにワイヤーでも引き上げ不能…。無理やり貫通させた壁なんで上げられるワ
ケ無くノックアウト。教訓…シンカー自体のウェイトで自然な法則で貫通するウィードを狙うべし。
その後強風で13時終了。まだまだ修行は長くなりそうである。
二日目、それ行けエギング隊海釣り大先輩タムさん船長でゴムボート出撃。
準備手伝い何をしたらいいかわからず、全てタムさんに丸なげ。
準備完了で本日も快晴であるが少々波高めの1.5m予報。
岩場岬ポイント到着で早速タムさんアオリフィッシュ。続いてコチラもフィッシュ。
よく考えれば今まで剣先ばかりだったので、アオリは人生初となる。徐々に風が強まるが、うまく岩場添いラインをタム船長流してくれてテンポ良くキャストで快適またまたフィッシュ。先入観では夜の剣先イカ釣りのイメージから中層狙いか?と思っていたが、アオリはボトムをしっかりとった方がいいのかも。ステイを入れながらシャクリの強弱を入れるとまたフィッシュでゴキゲンタイム。
船長のラインとりのおかげで11時前には計7杯。昼前に波も高くなり安全第一ゲームオーバー。
陸は晴天に涼しくまったり後片付けで終了。
帰宅して早速イカ刺しにゲゾ炒めで酒がすすむ。
タムさんからエギング隊メンバーに「それ行け!!エギング隊」ステッカープレゼンツ。そこらじゅうにステッカー貼りまくりで次はいよいよ二ヵ月前から待ちに待った第二回エギング隊出撃。
さていよいよ第二回エギング隊で今回筏ではなく初の磯。。
皆磯ビギナーで吉田氏広い場所をあらかじめ予約してくれた事もあり大量の荷物も無事船から降ろせた。周りを見てると本来磯は場所が狭く荷物はかなりシンプルにまとめるようだ…。
早速エギング開始で2杯フィッシュ。幸先良いスタートと盛り上がるが、後が全く出ない。
しばらく沈黙続きで、吉田氏ヤエンアジ待ちなので暇つぶしのサビキに手を出す。今回は磯なので張り切って沖投げ遊動ウキを投入するも、アジでさえ釣れない。アオリの秋本番を迎えてしかも磯まで来てこの状況に再び沈黙。
しかし、しかしである。晴天に加えて絶景には感無量。釣れなくともこのメンバーでシャクれる事に感謝。あらためて気合い入れ直し。
あきらめず険しい岩場を越えながらポイントをかえる。
ようやく午後からヒット出始め夕方迄に自身釣果計10杯でなんとか土産の形となった。釣果情報ではこの日磯は極端に厳しくマックス11杯なので良しとしとこ。この日もボトムしっかりステイとアクションメリハリ、狙い所は水中
岩の隙間やエグレ等のカバーがキーかなと感じ、徐々に狙いが見えてきたような。
この日はスタート5:30〜終了17:30で見事12時間やり切りで大満足。さて、気分は上々、ますますパワーアップで神出鬼没なエギング隊、次なる出撃日程はいつの日やら・・・。