琵琶チャプ前日、下爆第3戦で苦し紛れに行き着いたスポットで3本ウェイン6,170g獲れて、その他にラインブレイクもあったのでまだまだ居るはずと期待なるべく抑えて冷静な気持ちで参戦となる。
言っても凄腕ばかりなので運良く昨日のウェイト出ればどうにか上位は入れるでしょと挑んだ。
80名前後の参戦で今回も予想以上のウェイトが飛び出すやろなと逆に楽しみとなる。
トーナメントではスタートが個人的に一番好きである。なぜかワクワクする。
そして結果、一日浜大津で粘ることに。10時までNF、NBながらもようやく昨日と同じノソっとした重いアタリが来てRキャロで慎重にやり取りして50アップゲット。しかし昨日より少し痩せ気味で2k少し切っていた。そして2時間後再びアタリが。だが少し小ぶりの800g。直ぐにまたアタリ。群れが来たか!?タイムリミット30分程前、手応えかなり強く3kgオーバーを予感。ようやく姿が見えかけた、と、その時…ポロッとフックが外れた…。こんなに簡単にフックって外れるんだろうか?女神に悪いイタズラされたようで手が震えて止まない。これが来ていれば6kgはのっていたハズ…。残り数十分、あまり記憶無く2本3kg弱で恥ずかしウェインとなる。
運も実力のうち。そんなもんです。ただ、粘りきったエリアは間違いなかったと実感できた
チャン チャン♪