夏期休暇はいくつになっても、そしていつの時代も去っていくスピードはマッハ級に感じるもの。
最終日を締めくくる釣りはやはり琵琶湖バスである。
朝イチ、ボートのアクセルを踏んだ時、いつもと違った少し涼しげな風を感じた。もう少しで上着が必要だな、と。
いつもの猛暑とは違い少しだけ優しげな気候で人間は助かるが、釣果は非常に良くない…。先週まで保っていたメインチャンネル沿い下物より少し東寄りの「生き残り浚渫」を試すがNF。木浜沖の浚渫角、アクティバカナダ藻も探るがNF。
かたく魚をと六本柱南西側へ軽くキャストで突然グイグイ持って行かれてドラグ調整するも、あまりの勢いでラインブレイク。しばらくNBが続き、時間も昼となり、気分を変えようと名鉄沖回遊狙いついでにウィード状況をチェックしようと2時間流しまくりでマメと遊ぶ。明日の仕事スタートを考えると14:00で上がりやな、と言い聞かせて今後の釣果アップ期待して週末へバトンタッチで終了。