西日本豪雨、気温41℃オーバーの猛暑、大阪中心とした地震、ダブル台風、そして半世紀に一度と呼ばれた近畿直撃の台風21号、その直後の北海道大地震。
月単位、いや週単位で避難レベルの自然猛威が続き、神の怒りか?とも思いたくなるほど。
その中で琵琶湖に特化すると、今週火曜日に近畿を通過した台風21号は琵琶湖にも非常に大きな影響を与えた。
 
結果として瞬間最大風速45メートル以上を観測したこの台風は、陸では各マリーナのヨットをなぎ倒し、ボートカバーは無残に引き裂かれたものも多かった。
一方水中は好き放題に湖をかき混ぜた。あらゆるウィードを抜き取りながら、西日本豪雨以降入れ替わらなかった水を一気に各河口から流し込み、この強風で流されたウィードの塊が各マリーナのスロープ付近を囲んだ。


(画像Bassingかわら版のBlogから http://www.biwako.org/)

 その中での魔のプラ無し土曜開催の下爆第5戦バス風呂CUP。
 
当日、早朝には一時警報も出るほどの土砂降りとなり、集合マリーナの事務所もこの前の台風で屋根がふきとばされた状態で、実に悲惨な状況。
 
しかしながらスタート時になると土砂降り雨は落ち着きシトシト雨に変わり、午後から徐々に止んできた。
 
さて帰着。ウェイン時には幸いなんとか傘いらずとなったが、釣果はいかに?


 
 台風は水を循環させたのか…
大小問わすであれば… 比較的イージーに釣れたようで
 


そして上位…
3位…堀氏3,000g エンジントラブルの中、赤野井ミオ筋をCT DSとエンジン復活後木浜をチャターで
 
 2位…眞木氏 マキシモと下物沖のエビ藻をJRでタイトに狙って
 優勝…梯氏 4,260g ラフォーレ沖3mをCRKで
 ペア賞は優勝梯氏&4位★BassFighter★
さて次回は10月8日。台風で延期となった第3戦の振替となり、これを合わせて残り2戦となる。
おそらくどっぷりターンの季節で、どう攻めるか?守り切るのか?そしてどう巻き返すか?
今年も一年の各人ドラマが生まれる時期となった。