今年の冬はワカサギが絶不調で、その分、金はかかるがジギングで大暴れと言いたいところである。
しかし前回1月の大荒れ過去最悪の超船酔いで、フラストレーションたまりまくりで今回リベンジをかける。
本日の日本海、穏やかな予報でローライト。
船長の「白石行きます」で、朝一から遊びなしの寒ブリ狙いとわかる。
しかしながら魚影が無く昼までNB NFが続き、午後からサワラ狙いとなる。
サワラは脂がのって刺身&西京焼で最高である。
 
 ジグを軽めの130g前後に変えて再チャレンジ。
早速ええ感じで吉田氏共にダブルで釣れ出す。
さすがに巨大寒ブリの引きとはいかないが、それでも普段使わない腕の筋肉が悲鳴をあげる。
そして夕方まで当たりは続き、ラスト流しのラストキャスト。
ラストキャストで吉田氏2,000円のロッドがしなり、ええ感じで納竿となる。
そろそろ慣れてくるとトルクのあるリールが欲しくなる頃で、人の使っている高級ブツを見るとうらやましく思える。
早速ヘソクリ残高を調べてみてたい。 
 一番ええサイズのサワラもなんとかクーラーボックスに収まった。
 
そして近所のスーパーでさばいてもらい近所に配って、ブリは釣れ無かったがリベンジ完了となる。