今年は第1戦予定が変態ウィルスのおかげで遅れ、第2戦からわずか一週間後の、予備日を使っての第3戦となった。
ちなみに赤コブ氏のエンジンCPは未だ調整中で本日も涙の欠席、川瀬氏のステアリング故障も未だ調整中であるが、掘氏にしがみつき今回は堀&川瀬ペアでの参戦となる。
 逆に明るい話題は、久しぶりに梯氏が本日参戦。高木氏にとっては心強いペアとなる。
 
それぞれの人間的諸事情もさることながら、琵琶湖の諸事情は先週と何か変化はあったのだろうか?おそらくあったとしても放水量が減り、より良く無い方に変化しているに違いない。
 強いて言うなら本日ローライトの南風予報で体感的には先週よりは少しだけ涼しさを感じる。さぁ、どこにチャンスが転がっているかわからない。おじさん達のチャレンジだ。




そして釣果は










 やはり放水量が15m3/sと減り湖の透明度が増し先週より苦戦度は増し、NFも発生。
魚のサイズを見ても、プライドを捨て、どうにかしてポイントを稼ごうとする感があふれ出ている。
その数百グラムのウェインの中優勝は…
優勝 堀氏 3本2,660g…白石と多景島の中のピンをカーリー系のDSで
スタート時に若干のマシントラブルにより出遅れたものの、余裕のウェインであった。