個人的な想いとして、釣った魚を持ち帰る量は片っ端から何でもかんでも…ではなく持て余らすのが嫌なので自分の中である程度決めているつもり。
しかしながら前回持ち帰らずにおいてきたサワラが二本ほどあり、嫁から「なんで持って帰らなかった、冷凍ストックしたのに」と言われ欲をかいて急遽再び伊根のまるいちさんへ出撃。
それは口実で本当は新しいリールと少し贅沢したTGジグ等々を試したくウズウズしており、加えて荒れ模様の日本海で唯一南風予報だったので即バイト、空きがあったので伊根のまるいちさんへ出撃となった。 
沖に出ると予報通り南風で風も結構強め。しかしながら南風は岩にブロックされ比較的に穏やかで太陽が照ると汗ばむ程。
所々でナブラも発生、しかしながらキャスティング用のタックルは持参してないのでひたすらシャクり続ける。周りではトップで釣果を上げる方がぼちぼちで始め、そのうちジグでも釣れ始める。
賑やかになった船上で独り焦り始める後ろ姿が虚しく写る。
時折バイトはあるものの、うまくあ乗らない。また、ようやく乗り完全にドラグ持っていかれても途中バレも発生。確実に今回は「欲のオーラ」が出ているダメダメパターンである。
船長も今日ブリ狙い一本と決めたらしく、冠、白石と巡り網野へと入る。
網野に入ってようやく自分にもヒラマサゲット。
群れに当たり船内大忙しで、続いてあと一本追加。
その後もアタリ、途中バレありぃので上手くパターンつかみきれず、やはり欲を出すとこんなもんの典型的パターンで納竿となる。
今回キャスティングロッドの必要性も実感し、今後も引き出しを増やしていきたいものだ。