50を超えると長い連休の過ごし方に困るもの。よって近くに居る同じ50代を探し琵琶湖へ出撃。
いつもなら南湖北側から探るのに本日は先週下爆の仕返しにと南方面から探りを入れる。
まずは仕返しの本命「ハードボトム膳所」に行く前にそろそろ火を噴く浜大津へ。
この時期の人気エリアでもありながら本日南風のせいも加わり、どえらいボート数。おそらく80艇は浮いている。
このエリアではマイポイントは港前一文字遥か沖のフラットエリアとたけし城沖のこちらもカナダ藻フラットエリアで、軽く流して様子を見てギルバイトのみで膳所へ。
さてここからが先週下爆の仕返しエリアとなる。
下爆前日プラに唯一自分の魚が複数本獲れるピンを膳所で見つけ、当日は「ここで心中」と決め、丸一日この場所から動かなかった。
朝イチ1投目、30程のヤツがヒットでボート際で抜こうとしたときフック外れで仕切り直し。
1時間後、1,400gがヒットで無事ランディング。
やっぱりここは魚が濃い。あとは大我慢大会で魚が廻って来るのを延々待つ。何処へ行ってもNB・NFは見えており移動を留める。
13時半ころから周り2艇が釣れだす。あとは自分に来るか順番待ち状態でひたすらキャスト。
14時になり、移動時間とワンキャスト1分とすると、キャスト出来るのはあと10投。
そう考えていた5投目程だった思う。、自分に順番が来た。タイムオーバーギリギリで、「今日は持っているかも」と思うほど。
まぁまぁの引きで、朝イチのフック外れの事が頭をよぎり、あらためて強めのアワセを二度行った…その時にラインブレイク。さすがに一人デッキの上でしゃがみこんだ、、、

原因はリーダーを8lbから7lbに替えたからではでは無いと思う。ロクマルでも4でも5lbでも余裕で上げられる時もあるし、ましてや7lbなら多少飲み込まれていても歯では切られることは滅多にない。
周りが岩だらけなのでたまに結び替えもしていたが、結局は自分の

「持っていない」ところが原因だったハズ。

と前置きが長くなったが、そんなこんなで本日はその仕返し。
南風を踏ん張りながら流すと吉田氏バイト。
先週の仕返し出来たわ、おおきに吉田氏!でその後続かず西岸覗きながらこの日は納竿。
さて次の日単独釣行予定であったが本日も無理やり吉田氏誘い込み出撃。本日は昼まで勝負。
本日朝イチ、膳所行く前に通りすがりで遠くで恐ろしい数のボートが。なにか事故か事件でも?と思うほどで、貝捨て周辺の狭いエリアがえらいことに。6;45時点でおそらく100艇程はいるであおう数。
いくら釣れているであろうエリアであってもこの数では中に入る勇気無くスルー。
DH周辺探り後、小ホールより東側のフラットハードボトムでJHに楽しいサイスゲッド。
その後、リベンジ膳所ハードボトム他各所巡るも本日はお魚さん休業、その後北山田、浜大津、最後に下物ゴッドラインで季節に伴いいい色で伸びて来たエビ藻やカナダ藻生えている箇所でもNB・NF。
ほなそろそろ13時過ぎたし納竿しよか、でGW2日間で初日吉田氏1本、二日目当本人1本で釣行終了。