まだ5月だというのに梅雨入りした。観測史上最も早い梅雨入りで、下爆前夜まで降り続いた大雨はシャローの水をカフェオレのような色にした。
そんな中、のっそのっそと集まるおじさんの群れ。
「今日も釣れへんのか?」、「ええ加減にしてくれ」と、ここ数年の激変ぶりの琵琶湖奇々怪々パターンについていけない釣りバブル経験済み軍団がつぶやく…。
それにしても、ただでさえ釣れにくい今の琵琶湖に前日までの大雨がどれだけ影響を与えるか? 
当日は心配された大雨は無事回避し、、時折青空も覗く。しかしながら午後は小雨予報。
 本日土曜、よって全員プラ無し。
湖の状況が全くつかめないままのスタートでシャローを撃つ者、
沖を攻めるもの、どちらに軍配は挙がるのか?手探り開始である。
さて日中、やはり予報通り朝は南風強風、時折晴れ間も出、また雨雲接近でシトシト雨と、天候までも激変っぷりの7時間半。
14;30帰着…
「なんで釣れへんねん」「もう釣り辞める」「早よ帰ろ」と、スタート前と変わらぬコメント。そんな中、バス1、ハス1、ギル1の三種を見事ゲットは川瀬氏。
第3位…1本1,110g西澤氏 浜大津沖をミドストで 
第2位…1本1,520g堀氏 赤野井真珠棚をHDSで
優勝…2本3,800g★BassFighter★
朝イチから終日下物1.5mシャローで留まりRキャロで
本日もウェイン数が少なく堀CUP景品が余る事態に…よっておっさんジャンケンとなる。
おっさんにしては盛り上がり過ぎる。
次回6月20日(日)、本来ならもっとも盛り上がるイージーな時期であるがどんな釣果が出るだろう。