異例の5月梅雨入り宣言からの空梅雨は結構「あるある」で、しばらくは6月とは思えない初夏のような日差しが続いていた。
 しかしようやくここで梅雨らしくローライトどんより日が続き前日は一日中雨。が、当日は梅雨の中休みとなり朝から青空が見える。
 
湖では北はおそらくスポーニング終盤に、南では回復を主にどアフターが入り混じる状況といえよう。
そんな中、今年はギルとワカサギパターンの両立と、綺麗にフラット状に整ってきたカナダ藻と水面まで伸びてきたエビ藻の使い分けで、釣りにくさに加えてパズルのピースは多くなるばかり。
 
 本日北風予報で北のビッグゲームに挑むか守りの南湖でか固く魚を触るかは悩みどころ。
 
 そんな悩みどころにふと吉田氏アルミに幸運の茶色い鳥がとまり奇跡が起こるかもと期待.。
 
 久しぶり日曜開催で、いつもより少し早目の集合で自然と早く目が覚めるおじさんには丁度元気な時間帯。
 
 昼にはパワー切れになる前に100%出せる力は出したいもの。

さぁ行こかで、ダラっとスタートとなる。









そして14:30帰着…
重々しい8時間が終了。
魚を触れた者はいつもより多いがサイズの伸び悩み、数が揃わない等々で苦戦。
そんな中
 
第3位 1本1,920g 北村…下物高低差ある中のマキシモを巻きキャロで
 
 第2位 1本1,980g 岡本氏…終了間際名鉄ワンド入口をインチワッキーで
 
 
優勝 3本2,410g 河田氏…下物南側浚渫のトップをFRGで
全体的に今回も厳しいウェイトとなった。この釣れにくさがいつまで続くか、魚よりコチラの頭を変えなければ、、、といつも言い聞かしているがそううまくはいかない。さて次戦は早くも2021ラスト2となる7月25日予定。台風さえ来なければ南湖も北湖もコンディション的には良い季節のハズ。逃げ切る者、巻き返す者、各々がベストを尽せるようにと願う。