難湖トーナメントと改名せざるを得ない結果となった下爆第1戦から二週間後の第2戦。
釣れない時ほどまぐれを信じたくなるド素人でかるが、今の琵琶湖はまぐれが起るほど甘くもない。
 まさに「努力した者だけにこそ、加えて奇跡は起こる」もの。
 
 早朝から集まり釣れない話題にもそろそろ尽きてきた頃。
普通なら遅めのスポーニングも絡みながら、一方で水面まで伸びてきたエビ藻パッチをNSや水面系で攻めたいもの。
 
北を攻めた者だけにしか勝利はないのか?
前日の南方面では竿が曲がる状況もチラチラ見えてきた模様。
これから泥沼に入るような気持ちで桟橋を後にし、恐る恐るプレーニング開始。
さて、今日はどう答えてが出るのか?
「奇跡よ共にあらんことを‥‥。」
さて結果は‥‥







  早朝は日差しも出ていたが、予報通り午前9時頃からローライトとなり、終日曇天を保ち、釣りをするには程よい天候となった。
 
 そして釣果もようやくここに来てなのか、はたまた今日に限ってなのかは未だはっきりとはわからないが、ナイスサイズの魚がたくさん持ち込まれた。
 
 ギルの産卵による活発化なのか、その他のベイトの動きなのかはわからないが、久しくウェイン時に笑顔がこぼれた。
一方でまんが悪く、歯車が合わない一日を送ってしまった者もわずかに居た(筆者もまん悪組となってしまった)。
 
サイズ的にも40前後から50アップといったところで、マメサイズは無かった。しかしながら何も単発またはニ本までで、リミットを揃えたのは堀氏一名のみ。
北湖釣果は若干トーンダウン気味で南湖、または南寄りの釣果が目立った。
シャロー側とディープ側も比較的大差は無く、沖であってもやはりキーとなるのはハンプのエビ藻となった。
このエビ藻をいかに選択、バスのタイミングに合わせるか、または果てしなく待つのか。
これが運命の分かれ道のようだった。
3位…3本2,620g 堀氏 沖ノ島南漁礁、ラフォーレ3.5mエビ藻をDS、木浜ハンプエビ藻をNSで
2位…2本3,890g 眞木氏 下物沖のエビ藻パッチをHDSで
 優勝…2本3,940g 吉田氏
 
 下物葉山川シャローをカットテール5インチのスプリットショットで
 
 そして古村氏と今回冠の堀氏からの賞品
 
アルミでも、昭和釣法でも立派に勝てる!!
デジナル化の令和釣法でも釣れない変態難湖を見事アナログで釣り勝った吉田氏。
 
  次回も期待したいもの。